小学生が深夜まで起きている!寝付きが悪い子供の寝付きを良くする方法は?

 

 

子どもの睡眠障害が増え続けていると言われています。

 

兵庫県立リハビリテーション中央病院「子どもの睡眠と発達医療センター」センター長の小西行郎先生によりますと、患者数はこの6年間うなぎ登りで、特に、外来で受診する子どもの数は一昨年から去年の1年間でおよそ1.5倍に増加しているとの事です。

 

小学生の理想的な睡眠時間は約10~11時間。

ちなみに、小児科医で小児神経科医の三池 輝久氏(熊本大学名誉教授)は、乳児期から小学校低学年にかけては、夜の睡眠だけで平均10±1時間が必要(夜間基本睡眠時間)と仰っています。

 

ところが、ベネッセ教育総合研究所が実施した「第2回放課後の生活時間調査」(2013年)では、小学5~6年生の平均睡眠時間は8時間27分。

また「第5回幼児の生活アンケート」(2015年)では、1歳半から3歳の子どもで、入眠時間が22時を超える割合も20%以上と高くなっていると。

 

こうした傾向は現代の「夜型社会」が大きく関係しています。

 

それぞれの家庭の事情で就寝時間が遅くなるだけでなく、テレビやゲーム、インターネット、メールなどの普及、塾や部活や習い事で忙しく、夜遅くまで起きていなければならないことも影響しており、社会全体の問題です。

 

夜型の生活習慣が続くと、慢性的な睡眠不足になり、日中イライラし活動に集中できなかったり、授業中居眠りして学校生活に支障が生じたりするような「睡眠障害」になってしまうことになります。

 

しかも、発達途上にある子供たち。脳にダメージを与えかねないと、専門家が指摘していて大変な問題です。

 

何はともあれ、「早起き・早寝」を徹底させ生活のリズムを整える事から始めましょう。

 

人間の体はサーカディアンリズム(概日リズム)と呼ばれる体内時計にコントロールされていて、それに逆らって生活すると必ず不調が出てきます。

不眠はその現れの代表格でしょう。

学校が終わると塾に行く。帰宅後遅い夕食を食べ、その後スマフォを長時間をいじる。

 

寝付けなくなる。夜も更けて遅い時間になり、やっと寝付く。そして起きるのが後にずれる。朝食を食べないで登校・・・

 

私の執筆記事数も60を越えましたが、言っている事はずっと同じです。「早起き・早寝」を別のことばで言い換えているだけ。「規則正しい生活をする」。

 

子供の寝付きを良くする方法

 

不眠を解消するには心が落ち着いていなければなりません。大人も子供も同じです

規則正しく生活していると、自然に心が落ち着きます

 

平日も休日も朝は毎日決まった時間(6時~7時)に起こす

起床時刻を一定にするのは、生活リズムを整えるためです。

生活リズムが整うと、心が落ち着きます。

 

心が落ち着くといつの間にか寝れるようになっています。ここが大きく狂ってしまうと、全てに影響を及ぼします。

 

太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びるのは、幸せホルモンとも呼ばれているセロトニンを体内に取り込むため。

セロトニンは太陽の光が当たらないと生成されません。

 

しかも、セロトニンは眠りホルモンのメラトニンの原料です。

太陽の光を浴びて14~16時間後にメラトニンの分泌が始まり、次第に分泌量が増えて眠気を催します。

 

朝食をバランス良く食べさせる

遅く起きて朝食を摂らずに学校に行く子供がいますが、必ずバランスの良い食事をさせてください。

 

豆腐や納豆などの大豆製品(眠りホルモンのメラトニンの原料となるトリプトファンをむ)、サンマ・サバ・イワシ・マグロ・カツオなどの青魚、スジコ・たらこなどの魚卵(ビタミンB6を含む)、

牛・豚などの赤み肉、バナナ、ニラ・ニンニク・玉ねぎなどの野菜類(ビタミンB6を含む)

 

朝食という形で朝のうちにメラトニンの原料を取り入れれば、夜にはちょうどメラトニンが生成されていることになりますから、入眠しやすくなるうえ、眠りの質の向上も期待できます。

 

朝食をとることのメリットは、ほかにもあります。

 

食事による咀嚼(そしゃく)や消化器官への刺激で目が覚めやすくなり、睡眠と覚醒のリズムにメリハリが生まれるのです。

また、太陽の光が届かない内臓にも食事を摂ること(咀嚼によるリズム運動)でメラトニンの生成に必要なセロトニンがつくられます。

 

起床後に食事をすることで、体や脳は『朝だ』という認識をします。食べているうちに眠気がとれてくるのは、そのためだと考えられます。

 

バランスの良い朝食を摂るメリットは想像以上のものがあります。

 

運動をさせる

夜間に良質の睡眠を取るために運動は大切です。部屋にこもりがちながちな子供には、特に意識して戸外で運動させましょう。

休日など親も一緒に遊んでやると、親子の触れ合いで心が和み安心して眠ることができ、一石二鳥です。

 

糖分の摂り過ぎに注意

子供も甘いのは大好きです。しかしくれぐれも摂り過ぎないよう注意してください。

 

私が不眠症になった大きな原因の1つが、糖分の摂り過ぎだったからです。糖分は体内からカルシウムを奪います。カルシウムは精神を安定させる大事な栄養素。

 

最近では、切れる子供がカルシウム不足をしているということも分っています。

 

糖分を過剰に摂ると、低血糖症になって夜中激しい空腹感に襲われ眠れなくなります。また、糖分は一種の中毒症状を引き起こしますので気を付けないといけません。

 

テレビ、スマフォ、パソコンは寝る2時間前までに終らせる

これは、ぜひ徹底して欲しい。

これらの機器から出てくるブルーライトが脳に誤解を与えます。

脳はこの強烈な明かりを昼だと受け取り、体を目覚めさせてしまうのです。

 

更に、眠りホルモンのメラトニンは明るい所では分泌が抑えられますので、自律神経は交感神経優位となってますます眠れなくなる。

 

ぬいぐるみを抱かせる

ぬいぐるみが心を落ち着かせ、不眠を解消する事は国内の大学(帝京科学大学)でも、海外の大学(オランダのアムステルダム大学)でも実験・検証ずみです。

 

私の知り合いの中にもぬいぐるみ愛好者がいますが、「ぬいぐるみを抱いて寝ると、なぜか安心して寝れる」と言っています。

 

海外のホテルの寝室で、時々抱き枕がベッドの上に置かれていたりしますが、顧客への粋なサービスなのしょう。

私も別の記事でもう少し詳しく書いてありますので、興味がありましたら読んでくださいね。

http://icharibachode.com/how-to-sleep-soundly/

 

夜は9時までに寝かせる

朝の起床時間を一定にすれば寝る時間も自然に一定になりますが、寝る時間も出来れば決めた方が良いでしょう。

 

成長ホルモンが就寝中に分泌されて身長が伸び、筋肉が発達し、代謝が促進されます。

成長ホルモンが出ないと身体的には心臓病、糖尿病、肥満、筋肉量の低下、その他さまざまな症状が現れます。

 

精神的には疲れやすい、集中力がない、イライラする、記憶力が低下、怒ったり落ち込んだりの感情の起伏が激しくなり、何もやる気がしなくなる・・・というような日常生活に支障が出るような症状を呈します。

 

まとめ

 

いかがでしたか?昼も夜もない24時間社会は子供たちの生活にも大きな影響を及ぼしています。

冒頭で私は、「人間の体は体内時計にコントロールされていて、それに逆らって生活すると必ず不調が出てきます。」と言いました。

 

「不眠はその現れの代表格でしょう。」とも。

 

寝付きが悪い子供の寝付きを良くする方法は「規則正しい生活をさせる」事です。

世界の平和と、より良い未来を創るのはこの子達!みんなで守りましょう。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください